製作事例

刀部へご依頼いただいた日本刀の拵や居合刀(模擬刀)製作・工作の内容詳細を写真をまじえてご紹介しています。ご検討中のみなさまの参考資料としてご活用ください。(事前に掲載のご承諾をいただいた方のみご紹介しています)

114件の記事があります

大分県N様 模擬刀身特注製作(鶴丸国永写し)

平安時代の名工・国永によってつくられた太刀「鶴丸国永」の特徴をできる限り再現した写し製作の模擬刀身です。もともと拵を含めた一式をご検討されていましたが、お打合せの中で刀身以外に白鞘や拵は付けずはばきのみをおつくりさせていただくご依頼をなりました。刀身のみとはいえ、博物館のように飾っていただくと非常に見応えがあります。

広島県O様 居合刀特注製作(二系統の色合いでまとめた渋い雰囲気の拵)

標準刀身の刃渡り2尺4寸、柄長7寸5分、鞘を払って800gの居合刀です。主に金具は銀色、組紐や塗りなどは茶系の二色系統でまとめられた渋い雰囲気の拵です。肥後拵風の金具の姿と相まって華美でなく主張しないことに良さを感じる物静かな印象の一振りになっています。

千葉県S様 日本刀諸工作(居合作/既存の拵をできるだけ活かした新しい実用の拵)

昭和四捨八年に岐阜県で登録の御刀です。国俊。刃渡り68.9センチ、反り1.2センチ。拵付き。破損してしまった鞘の新調を含む拵一式製作のご依頼をいただきました。費用を抑えるため刀装具はすべて古い拵から外してつかっています。鯉口が破損しづらくなるよう腰籐巻鞘にしました。

静岡県A様 居合刀特注製作(稽古意欲が上がるはじめての自分の居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺4寸、柄長7寸5分、鞘を払って809gの居合刀です。居合道を学び始めて間もない女性剣士からお求めいただいたはじめての自分の居合刀で、大地や植物を連想させる風雅な色合いでまとめられています。刃渡りに対して少し短めの柄前はご提示いただいた手のひら写真をもとに職人が柄形を調整しました。

京都府Y様 居合刀特注製作(研鑽を重ねて上達を目指す豚革巻柄の居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺3寸5分、柄長8寸、鞘を払って798gの居合刀です。薄い竹を編んで重ねた籠の金具の拵からは厳しい稽古を重ねてより上達しようと研鑽する居合家の姿が想起されます。柄巻は握りやすいという声を多くいただく豚表革糸で諸捻巻です。

岩手県S様 日本刀諸工作(居合作/試斬刀として活用する先祖伝来の御刀の拵)

昭和33年に山梨県で登録の御刀です。無銘。刃渡り69.3センチ、反り1.3センチ。拵付き。拵が付いていましたが古くなったため一式の新調をご依頼いただきました。ご依頼者様のご先祖が戊辰戦争で使い、先の大戦では祖父にあたる方が軍刀として使われていた先祖伝来の御刀と伺っております。このような御刀にまつわるお話などを伺うと自然と製作にも力が入るというものです。

徳島県K様 日本刀諸工作(標準作/英信流三段に挑むリバ剣士の龍揃えの拵)

昭和38年に大分県で登録の御刀です。長州住二王直清作。刃渡り71.6センチ、反り1.5センチ。白鞘入り、拵付き。ご依頼者様が展示即売会で一目惚れをしたという御刀をお預かりし、武道用の拵をおつくりしました。もともと若い頃に剣道・居合道を学ばれていた方で定年を期に再度居合を始められたと伺っています。白鞘入り、拵付きの状態で求められ、付属の時代物の拵は保管・鑑賞用として別途武道稽古用の拵一式をご依頼いただきました。

高知県K様 居合刀特注製作(芭蕉の句「夏草や~」を表現した趣のある拵)

大切先刀身の刃渡り2尺5寸、柄長8寸5分、鞘を払って993gの居合刀です。松尾芭蕉の名句「夏草や兵どもが夢の跡」を主題とし、もののあわれや儚さを表現した拵だとご依頼者様から伺っています。限りある選択肢の中から組合せをご検討のうえ、足りない部分を金具持込というかたちで補っています。

石川県N様 日本刀諸工作 (御刀仕上げ直しと外装一式の整え直し)

昭和三五年に石川県で登録の御刀です。備中国住貞次。刃渡り32.7センチ、反り0.8センチ。破損した塗鞘付き。ご家族様のご実家にて切先周りを中心に深い錆があり、角鐺の外れるなど一部が破損した塗鞘に白鞘のような白木のままの柄が付くという中途半端な状態で見つかったそうです。この御刀の仕上げ直しと外装一式を整えるご依頼をいただきました。

岩手県L様 居合刀特注製作(有償工作ほぼ全部入り。贅を凝らした一振)

厚口刀身の刃渡り2尺3寸5分、柄長8寸5分、鞘を払って949gの居合刀です。刀部が特注製作フォームでご用意しているほぼ全ての有償工作をこれでもかとほぼすべて注ぎ込んだ、非常に贅を凝らした一振のご依頼をいただきました。柄も鞘も鮫皮で包み込んで堅牢性を確保すると同時に美観高く仕上がりました。

東京都S様 居合刀特注製作(別注仕上げの鍔をかけた実用本位の居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺3寸5分、柄長8寸5分、鞘を払って833gの居合刀です。掘出物コーナーで販売していた別注仕上げの鍔をお求めいただき、後日持込みのかたちで拵としておつくりさせていただきました。この鍔はもともと錆色を模した黒染仕上げを銀イブシに仕上げ変更をしたものです。これに合わせすべての刀装具も銀仕上げでまとめられています。

大阪府Y様 居合刀特注製作(飫富か真田かはたまた井伊か。まるで赤備えのような朱染めの居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺3寸、柄長8寸、鞘を払って810gの居合刀です。かつて甲冑や旗指物などをすべて赤や朱に統一し赤備えと呼ばれた軍装がありました。赤色を表現する塗料は当時高級品だったため武勇に優れた精鋭部隊であることが多く赤備えは武門の誉れとされました。その赤備えを彷彿とさせるように拵の大部分を朱系でまとめた見応えのある居合刀です。