製作事例

刀部へご依頼いただいた日本刀の拵や居合刀(模擬刀)製作・工作の内容詳細を写真をまじえてご紹介しています。ご検討中のみなさまの参考資料としてご活用ください。(事前に掲載のご承諾をいただいた方のみご紹介しています)

78件の記事があります

神奈川県K様 居合刀特注製作(実用性と装飾性を両立した重厚な居合刀)

厚口刀身の刃渡り2尺4寸、柄長8寸5分、鞘を払って882gの居合刀です。重厚な刀身に扱いやすくなる工夫を施し長くご愛用いただけるよう各所に補強をしつつ、人目を引く高い装飾性も両立した一振です。

東京都F様 日本刀諸工作(標準作/武用の大小拵)

大刀と脇差をそれぞれお預かりし武用の大小拵を製作させていただきました。大小どちらもご依頼者様持込の鍔を掛け、白鮫に鶯色正絹糸の柄巻、黒呂地に若狭塗を斜切下げにした鞘です。大刀の鞘には栗形周りの刃方に水牛の角を埋没して補強を施した武用の大小拵です。

滋賀県M様 居合刀特注製作(茶系でまとめた大振りな豪刀)

厚口刀身の刃渡り2尺6寸、柄長9寸5分、鞘を払って1,069gの居合刀です。全長108センチを超える大身の一振ながら茶系でまとめられた拵は威圧感が少なく角のとれた柔らかな雰囲気や知性を感じます。鯉口には補強金具を付け稽古負荷による破損に備えています。

岐阜県H様 日本刀諸工作(鑑賞作/徳川を祟る有名な妖刀に着せた少し遊び心のある拵)

平成23年に千葉県で登録の御刀です。刃渡り70.4センチ、反り2.6センチ。白鞘付き。事情により銘は伏せますが、徳川を祟る妖刀として有名な三重を代表する名工の作とされる御刀です。「掟通りではつまらないから少し遊び心の効いた拵」という方針での製作をご依頼をいただきました。

神奈川県Y様 居合刀特注製作(女性剣士の初めてのマイ居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺2寸5分、柄長8寸、鞘を払って750gの居合刀です。女性剣士が振るう初めての自分専用の居合刀のご依頼をいただきました。花文の金具に華やかな差し色がいかにも女性らしい一振です。

長野県U様 居合刀諸工作(表裏で色の異なる昼夜造りの居合刀)

江戸の頃、帯刀の資格のない者が威儀を整えたり武器を持っていることを装うだけの護身のための拵があったそうです。それは浮世拵と呼ばれ、鞘の差表は武士階級に配慮して地味な黒塗りですが差裏は派手な朱塗りなどにしたということでした。この表裏で異なる色合いを配した昼夜造りの居合刀の製作事例をご紹介します。

京都府T様 日本刀諸工作(標準作/小烏丸写し太刀に着せた打刀拵)

昭和五十三年に広島県で登録の御刀です。倣 小烏丸安芸国住脇中源貞幸同嫡子貞則。刃渡り62.4cm、反り1.2cm。白鞘付き。切先両刃造の代表作として知られる小烏丸を写した太刀に打刀拵を着せました。ある神社の神事に利用される御刀だとご依頼者様より伺っています。

神奈川県S様 居合刀特注製作(肥後拵風の特徴を活かした短めの居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺2寸5分、柄長7寸5分、鞘を払って841gの居合刀です。短めの刃渡りながら樋を掻かず800g中盤の重量を確保しました。肥後金工の写し金具を多用しつつ侘びを感じる色使いで、まるで堅牢で風雅な肥後拵のような外装にまとまっています。

京都府「旨酒旬彩こなから」様 コスプレ撮影用大小拵

京都は清水五条にて、京都の地酒の旬の食材をつかったコース料理が楽しめる日本酒専門店「旨酒旬彩こなから」様から大小拵のご依頼をいただきました。同店は京都を訪れた方が撮影を楽しめるよう二階を撮影スタジオをして改装されています。そのうちの一室は純和風をコンセプトとしており、そこで実際に帯刀できる居合刀(模擬刀)の大小拵です。

東京都I様 居合刀特注製作(装飾性を大きく抑えた無骨な武用の居合刀)

標準刀身の刃渡り2尺3寸5分、柄長8寸、鞘を払って810gの居合刀です。全体的にモノクロームな色使いにまとめつつ図柄のない無地金具を多用することで無骨な印象を演出しています。無地の良さを活かしきった好例の一振です。重厚に感じますが居合刀としては平均的な重量に抑えられ、使いやすさを兼ね備えています。

北海道M様 日本刀諸工作(居合作/拵一式製作)

平成二八年に京都府で登録の御刀です。安政。刃渡り68.8cm、反り1.0cm。白鞘付き。「ハバキの新調と正絹の柄巻を含むできるだけ安価な拵」をご希望いただき、なんとか8万円台に収めた製作事例です。反りの浅い御刀でしたがうまく収まる型鞘が見つかったため実現することができました。

埼玉県H様 居合刀特注製作(早春のやわらかな温かみを感じる雄大な拵)

厚口刀身の刃渡り2尺7寸、柄長1尺、鞘を払って1,038gの居合刀です。刃渡り・柄長ともに製作上限の大身ながら、淡い色合いの鞘とひときわ目を引く鮮やかな柄巻の対比が美しい雄大な拵です。冬と春を思わせる図柄の金具でまとめられ、まるで晩冬から早春への移り変わり表現したような風流な一振になっています。