大切先刀身

5件の記事があります

京都府I様 居合刀特注製作(大身の刀身に老桜のような柄前の武用の一振)

大切先刀身の刃渡り2尺5寸、柄長9寸、鞘を払って1,111gの居合刀です。大切先刀身でのみ横手までの切先寸法が指定できる点を活用して通常よりも少し大きな中切先に仕上げた大身の一振。柄前はメンテナンス性に優れた真剣柄、鞘の両端は金具で補強して堅牢さを増し、今後長くご愛用いただける居合刀に仕上がっています。

東京都H様 居合刀特注製作(室町末期の末古刀を想わせる大切先の居合刀)

大切先刀身の刃渡り2尺4寸5分、柄長8寸5分、鞘を払って1,058gの居合刀です。切先の寸法指定に二筋樋、正絹糸の柄巻、腰千段刻に鍬形鐺金具を付けた鞘など随所に贅を凝らした一振です。拵の大部分を茶系にまとめたことで色による主張が控えられ各所の工作が引き立っています。

千葉県S様 居合刀特注製作(7万円台でつくる大切先刀身の居合刀)

大切先刀身の刃渡り2尺5寸5分、柄長8寸、鞘を払って1,153gの居合刀です。高額になりがちな大切先刀身を使いながらも無料で指定可能な選択肢をうまく利用して7万円台に収めた好例です。迫力たっぷりの大切先刀身に相応しく1,000gを超える重厚な居合刀で、ご使用者様の体力づくりにも大いに役立ちそうな一振となりました。

埼玉県K様 居合刀特注製作(迫力と実用性を両立した大切先刀身の居合刀)

大切先刀身の刃渡り2尺5寸、柄長9寸、鞘を払って982gの居合刀です。標準刀身や厚口刀身と違って大切先刀身は棒樋が標準では掻かれません。そのため大切先の迫力に見合った重厚な居合刀になるんですが、本刀は棒樋を掻いて実用的な重量までの軽量化に成功しており、迫力と実用性を両立した武用の一振になりました。

高知県K様 居合刀特注製作(大切先刀身、真剣柄)

大切先刀身の刃渡り2尺4寸>、柄長8寸、鞘を払って960gの居合刀です。熟考を重ねられたご依頼者様好みの一振で居合刀ではありますが実用ではなく観賞してための楽しむ模擬刀です。切先の姿の画像をご提供いただきできるだけ忠実に再現しました。柄下地は真剣柄のため柄から刀身を抜くことができます。