鑑賞作の特徴

各種展覧会で受賞歴を有する職人の技をお楽しみいただけます。選び抜かれた良質な材料をつかった高品位な拵下地に本漆塗の鞘塗と確かな技術が光る柄巻が施され美術品としての品格をそなえた拵をお届けいたします。

製作料金

拵一式:358,000円から(税込)

以下の内容が拵一式の料金(358,000円/税込)に含まれます。

はばき
現状のものとして ※1
切羽
白銀師による本切羽製作、銀地1mm厚
お客様お手持ち品として ※2
柄下地製作、腹合着(磨上げ)
柄巻
黒色正絹糸、諸撮巻
縁頭
お客様持込品として ※2
目貫
お客様持込品として ※2
鞘下地
造り鞘
鞘塗
本漆黒呂塗
鯉口
水牛角
栗形
水牛角
鞘尻
水牛角
  • ※1 状態が健全でない場合、別途有償の修正工作が必要となります。
  • ※2 当店が取扱う現代物金具のご指定も可能ですが、品格が釣合いづらいため程度の良い骨董の持込をおすすめいたします。

こんな方におすすめ

  1. 価値ある御刀に見合う上質な拵をお求めの方
  2. 拵様式に忠実に則った拵をお求めの方
  3. 姿・形状だけでなく材料の質にもこだわった拵を入手したい方
  4. 素晴らしい白鞘を入手したい方

鑑賞作 個別価格表

  • 記載にない工作でもご相談に応じますのでお気軽にお問合せください。

基本料金

諸工作基本料
5,500円

拵一式

鑑賞作 拵一式
358,000円

※拵一式料金には基本料金が含まれます

※拵一式料金に金具料金(鍔、縁頭、目貫など)は含まれません

柄前

御刀の茎に合わせて手づくりする柄下地に鮫皮を腹合せに着せ、正絹糸で諸撮巻にする柄前です。

標準作 柄前一式製作
97,000円

一式に含まれる内容

御刀合わせの柄下地製作、鮫皮腹合着(磨上げ)、黒色正絹糸・諸撮巻、煤竹目釘一本打ち

柄地

鮫皮 前垂着
+12,000円
鮫皮 時代色揚げ
+3,300円

柄巻

平巻、蛇腹巻など
お問合せください

造り鞘

御刀に合わせて職人が手づくりで鞘下地をおつくりします。鯉口・栗形・鞘尻は水牛の角で補強されます。

鑑賞作 造り鞘一式製作
242,000円

一式に含まれる内容

御刀合わせの鞘下地(刃渡り2尺5寸を超える場合は差額有り)、本漆黒呂塗

鞘塗

本漆黒石目塗
差額無し
本漆塗 単色特別調色
+15,000円~
本漆黒石目地青貝微塵散塗
+28,000円

補強

刃方補強
+8,000円
舟形鐺金具取付(金具料金別途)
+10,000円
鍬形鐺金具取付(金具料金別途)
+28,000円~

はばき

銀地一重腰祐乗はばき(横やすり目、庄内も同額)
36,000円
銀地一重加州はばき
46,000円
銅地金着一重はばき
130,000円
銀地二重はばき
69,000円
拵合わせ、白鞘合わせ
+3,800円
掻通し樋合わせ
+7,000円

切羽

銀無垢切羽 1mm厚
銀地切羽 1mm厚
銅地1mm厚(2枚1組)
-6,000円
掻通し樋合わせ
+2,000円

現代物金具

柄下地か鞘下地の製作を含むご依頼をいただく場合、当店で取扱う現代物金具は販売価格から一定の割引価格にてご指定いただけますが、鑑賞作では御刀や外装と品格の釣り合いがとれないためあまりおすすめいたしません。

鐺金具

白鞘

鑑賞作の職人は白鞘を得手とし、これまでさまざまな展覧会で輝かしい成績をおさめています。塗りや刀装具でのごまかしが効かない白鞘では職人の技術の差が顕著にあらわれます。素晴らしい白鞘をお求めの方にとくにおすすめです。

白鞘(短刀)
45,000円
白鞘(脇差)
63,000円~
白鞘(刀)
80,000円~

補強

角口(柄口、鞘口)
+17,000円
鳩目(丸形)
+6,000円
鳩目(角形、短冊形)
+8,000円

継木(つなぎ)

御刀を保管するための外装です。通気性を保つため下地に塗りや柄巻をせず白木のままで仕上げます。

継木 木はばき付き
18,000円
継木 木はばき無し
17,000円