標準作の特徴

標準作では、現代の材料や技術をうまく取り混ぜながらも本来の掟に基づいて拵を製作します。
日本刀の拵としてすべき当たり前の作法にそって作られる標準的で一般的な拵がお求めいただけます。自然と品格が漂う拵になりますので、位列は低くともお気に入りの御刀に恥ずかしくない拵を着せたい方などにとくにおすすめですが、居合道や試斬などの武道具としてももちろんご使用いただけます。

製作料金

拵一式:159,000円から(税込)

以下の内容がすべて拵一式の料金(159,000円/税込)に含まれます。

はばき
現状のものとして ※1
切羽
型切羽 金仕上げ
柄下地製作、短冊着(親粒付き、時代色揚げ)
柄巻
黒色正絹糸、諸撮巻
鞘下地
造り鞘
鞘塗
黒呂塗
鯉口
水牛角
栗形
水牛角
鞘尻
水牛角
  • ※1 状態が健全でない場合、別途有償の修正工作が必要となります。
  • ※2 同料金で販売する金具へ差額なく変更可能です。他の金具でも別途差額にて変更可能です。

こんな方におすすめ

  1. 大切な愛刀に高品位な拵を着せたい方
  2. 確かな技術の職人におまかせをしたい方
  3. 特別な場で演武披露するための拵をお求めの方

標準作 個別価格表

  • 記載にない工作でもご相談に応じますのでお気軽にお問合せください。

基本料金

諸工作基本料
5,500円

拵一式

標準作 拵一式
159,000円

※拵一式料金には基本料金が含まれます

柄前

御刀の茎に合わせて手づくりする柄下地に鮫皮を短冊に着せ、正絹糸で諸撮巻にする柄前です。

標準作 柄前一式製作
80,000円

一式に含まれる内容

御刀合わせの柄下地製作、鮫皮短冊着(親粒付き、時代色揚げ)、黒色正絹糸・諸撮巻、現代物真鍮地縁頭、現代物真鍮地目貫、煤竹目釘一本打ち

柄地

鮫皮 腹合着
+13,000円
鮫皮 黒仕上げ
差額無し
鮫皮 暗朱研出仕上げ
+2,000円
鮫皮 磨上げ
+5,000円

柄巻

正絹糸 諸捻巻
差額無し
牛表革・牛裏革 諸捻巻
差額無し
牛表革・牛裏革 諸撮巻
差額無し
豚表革糸 諸捻巻
+2,000円

造り鞘

御刀に合わせて職人が手づくりで鞘下地をおつくりします。鯉口・栗形・鞘尻は水牛の角で補強されます。

標準作 造り鞘一式製作
66,000円

一式に含まれる内容

御刀合わせの鞘下地(刃渡り2尺5寸を超える場合は差額有り)、黒呂塗

鞘塗

黒石目塗
差額無し
茶石目塗
差額無し
紺呂塗
+4,000円
暗朱石目塗
+4,000円
若狭塗
+6,000円
乾漆塗
+16,000円

着鞘

腰籐巻
+22,000円
腰鮫着
+36,000円
腰鮫着斜切仕上げ
+42,000円

補強

刃方補強
+8,000円
舟形鐺金具取付(金具料金別途)
+3,000円
鍬形鐺金具取付(金具料金別途)
+9,000円~

はばき

標準作には華美な銀地はばきがおすすめです。

銅地一重腰祐乗はばき(横やすり目、庄内も同額)
22,000円
銀地一重腰祐乗はばき(横やすり目、庄内も同額)
32,000円
銀地一重加州はばき
42,000円
銀地二重はばき
64,000円
拵合わせ、白鞘合わせ
+3,800円
掻通し樋合わせ
+7,000円

切羽

銀無垢切羽 1mm厚
銀地切羽 1mm厚
銅地1mm厚(2枚1組)
+9,000円
銀地1mm厚(2枚1組)
+15,600円
掻通し樋合わせ
+1,980円

現代物金具

柄下地か鞘下地の製作を含むご依頼をいただく場合、当店で取扱う現代物金具は販売価格から一定の割引価格にてご指定いただけます。

鐺金具

白鞘

御刀を保管するための外装です。通気性を保つため下地に塗りや柄巻をせず白木のままで仕上げます。

白鞘(刃渡り1尺未満)
28,000円
白鞘(刃渡り2尺5寸未満)
66,000円
白鞘(刃渡り2尺5寸超)
都度お見積り

補強

角口(柄口、鞘口)
+17,000円
鳩目(丸形)
+6,000円
鳩目(角形、短冊形)
+8,000円

継木(つなぎ)

御刀を保管するための外装です。通気性を保つため下地に塗りや柄巻をせず白木のままで仕上げます。

継木 木はばき付き
13,200円
継木 木はばき無し
11,000円